お金を借りる理由

手取りが50万あっても住宅ローンの支払いが20万あるので生活費が足りない

手取りが50万あっても 住宅ローンの支払いが きつい・・・

今の時代、サラリーマンの平均年収は450万円くらいと言われています。

そんな中、手取り50万円なら年収600万円でいい方だと思うかもしれませんが、住宅ローンの支払いを抱えている家庭にとっては、それは当てはまらない場合があります・・・。

たとえば、ちょっと豪華な分譲マンションを住宅ローンで購入して、月々の住宅ローンの支払いが管理費と駐車場込みで20万円になると、残りは一気に30万円に減ってしまいます。

そこから、ガソリン代に5000円、家族全員の通信費に4万円、水道光熱費に2万円、子供の学費や塾代に15万円、生命保険や自動車保険に3万円、食費に5万円と出費がどんどん出ていきます・・・。

なんと!合計29万5000円の出費です。。

5000円しか残りません。。

しかも、ここから自分のお小遣いを作ろうとなると、もうどうにもこうにも手取り50万円では足りないのです。。。

あまり知られていませんが、こういう人って意外と多いんですよね。

だから、週末に副業したり、アルバイトをしたりする人も増えています。

本業と副業(アルバイト)で休む暇なんてありません・・・。

中には、無理がたたって体を壊してしまう人も・・・。そうなると、今度は本業に悪影響が出ます。。

手取り50万円、年収600万円でも無理して買った住宅のローンの残っていて、子供が成人していない家庭の場合、ほとんどの家計は火の車です。

このケースでは、住宅ローンか教育費を下げるしかありません。

一番いいのは、その住宅ローンは売って、もっと家賃が安いところに引っ越すことです。

でも、なかなかそれも難しいんですよね。

せっかく買った自宅は手放したくないと思うのが普通ですから。

だから、まれに生活費が足りなくて、カードローンで数万円を借りてしのぐという人も増えているんです。

まぁ、体を壊すほど無理して働くなら、困った時はカードローンにお世話になるのも1つの選択肢ですね。